090-1356-3777
ホームページリニューアル!

仕事って何だろう?

子どもたち学生たちにお話する時、必ずする質問です。

「そもそも仕事って何だろう?」
0-50



実際に働いている人に聞くと。


’生きていくためにしなければならないもの’

’大人になるという事は、自分で仕事をして自分で稼ぎ生きていく事’

’自分の興味を活かし、能力を発揮するために働く’

’仕事って人生そのものでしょ’


などなど、いろいろな答えが出てきます。



国語辞典によると。

仕事は、
〔生計をたてるために、たずさわっているつとめ〕
〔くらしのための職業〕で、

職業は、
〔暮らしを立てるためにすること〕と説明しています。



働く目的は人それぞれで違っていたとしても、
共通している事は、《人は、仕事なくしては生きられない》ということなのです。


仕事をするということは、自分の人生を生きていく事。



だから、
自分の将来について考えること、
職業について学ぶこと、
将来どんな仕事をするかを決めることは、
とても大事な事だと思うのです。 


職業の事を、日本では生業(なりわい)とか、天職とも言います。


国語辞典では、

天職は〔天から授かった職業その人の天性に最もあった職業〕との説明。
英語では、Calling、まさに、天からよばれている。

自分にしかできない、そんな意味あいが含まれているのかなと読み取ります。


年金の受給年齢が上がり、
定年退職の時期がどんどんずれていく事が予測される今後の日本。

人生約50年は働き、仕事をするのであったら、
選ぶのは、「天職の方!」と思います。


子どもたちに、聞いてみてください。

「ねえ、仕事って何だと思う?」