090-1356-3777
ホームページリニューアル!

映画監督という仕事

好きは才能、才能を仕事に!

子ども職業ナビゲーター
クッキー先生こと、奥貴美子です。





クラシック音楽を聞くと、


映画の中のBGMとして
ふんだんに流れてくるクラシック音楽を
思いだします。





映画が好きなのは、
きっと
視覚、聴覚ともに
刺激されるからだと思う。




壮大な世界観を作り出せる映画監督って、

きっと
ものすごい想像力。
豊かでロマンチストな人に違いない。





自分の思いとイメージを形にする、
ある意味あきらめの悪い
人をまきこむことが上手で
人間力にあふれた
妥協知らずな人に違いない。




プレゼンテーション能力も
相当高くないといけないだろうな。





では、ここで

クッキーの「なるには辞典」
~映画監督編~。



映画監督になるためには、
大学や専門学校卒業後
映画会社や映画制作会社に入社することが
夢への入り口となります
助監督として撮影現場で経験を積み上げた後
実力が認められてから
映画監督となることが多い。


映画監督の具体的な仕事内容
・資金調達(映画製作のためのお金集め)
・衣装や小道具の指定
・出演者への演技指導
・ロケ-ションの場所の設定
・カメラポジションの指定
・スタッフ・キャストを選ぶ
・シナリオに沿って映像画面を想定した
 絵コンテの作成

(映画制作において企画から完成までの現場作業全ての指揮)

 



映画監督の仕事を知った今、

映画監督ってすごい仕事だ!
と改めて思った次第です。