090-1356-3777
講座日程はこちらでご確認ください

お知らせ 輝人才人インタビュー⓶

ご縁があり、長女が参加したアートプロジェクト。
伝える事、表現する事においてかなり刺激をうけてきた彼女でした
またまた宝石に磨きがかかりました。


そんな中、ご縁をいただいたのが
広島でART といえば アトリエPAO
そのアトリエPAO代表の加藤 宇章さん。



現在広島にて、
子ども向けアートクラス12教室を運営されています。
3歳から通えるPetit (プチ)クラス、
年長さんから小学校4年生までのKids(キッズ)クラス、
そして小学3年生~中学生のジュニアアーチストクラスと
子ども向けのクラスが年齢によってわかれて3コース。



どのクラスも魅力的ですが、
私的に言えば子どもたちが3歳の頃に出会っていれば
Petitクラスからいれたかった・・・・
いや、私が入りたかった・・・・





そんな、加藤代表に
輝人才人インタビューさせていただきました。

私が感じた第一印象。

年齢不詳
センス
自分の内の大切な事以外は気に止まらない
井戸のようにあふれるアイデア
永遠なアート少年(生意気でごめんなさい)。

o0480048013297853808
Q:子どもの頃の夢を時系列で教えてください。

小学校時代は、鉄人28号に
中学生時代は、医者に
高校生時代は、デザイナーに
そして、今、アートガイに
o0480048013297853641
Q: 子どもの頃はどんなお子さんでしたか?
A: 静かな子でしたね~(自称・笑)
絵もよく描いてたかな!?
父が絵が好きな人でね
家の壁一面に模造紙を親が張ってくれていて
好きに絵を自由に描ける環境を作ってもらっていました。
当時は、絵が好きでも通うクラスがなかったから
だからこそ、当時の僕が通いたくて通いたくて
たまらくなるクラス・それがPAOかな!?(笑)

Q: どんな遊びが好きでしたか?
A: 遊びというか、
ボンネットバスが大好きでした・・・笑
ボンネットバスが見たい!船が見たい!というと
両親は、見に連れて行ってくれてました。
好きな事はとことんさせてもらえていました。
やりたいことをダメを言われた事がないかな・・

Q: 憧れの人
(見た目編、人となり編、生き方編、話し方編)

A: ヘンリー・ムーア(彫刻家)




Q: 最後に、大切にしている言葉を教えてください。
 A: 好きなように創造しよう!!
o0480048013297945646

お二人のお嬢様のお父さんでもある加藤代表に
子育てについて、少しお聞きすることができました。


Q: どんな子育てをされていましたか?
A: やりたい事をさせていました。
  ゲームとかはやらせていなかったかな!?
  つまり消費者にはならないようにとは思っていました。
  英語は大切だと思っていましたよ。
  自分自身が好きな事をやって自分の道を見つけたので、
  外の評価はあまり気にしていない自分の中の軸が大事。
  



多くの子ども達の創造力に磨きをかけるお手伝いに尽力しながら
ご自身の創作活動もされていらっしゃいます。

お嬢様もアーティストとして個展を
開かれたりとご活躍。
人生のパートナーである奥さまも
音を奏でるアーティストであり指導者。
肩肘はってなく、生き方そのものが背中が物語る
そんな素敵な経営者であり指導者でいらっしゃいました。



子ども達にとって、
だれに出会うかの先生はとっても、とーっても大事!

是非、多くの子ども達に
出会ってほしい先生だ!と強く感じました。



アートも、自分を知り自分を表現する
プレゼンテーションの1つです。
o0480048013298001101
o0480064013298001058