090-1356-3777
ホームページリニューアル!

好きを才能に育てる極意 その1

昨日のブログでは、
子どもの夢中を応援しよう!という
記事を投稿させていただきました。




子どもたちが夢中になっているものを
才能に育てるために必要な事。



それは、イメージさせてあげること。



例えば、
歌を歌ったりダンスを踊るのが好きな子。

640x427xphoto-250-640x427_jpg_pagespeed_ic_ette4_uyli


もちろん、本物のショーやステージを見せてあげるのが
一番良いのだけど
ショーやステージなんて毎日、毎日やっているものじゃない。
ましてや、未就学児は入れないものもある。




そのうち、子ども達の熱も
さめていってしまう。




そんな時に利用したらよいのが
You Tube 。

 

たとえば、ある女の子がいるとしましょ。う
今、6才の、りおちゃんは目下ダンスに夢中です。

 

であれば・・・

『6才 天才 ダンサー』

で、検索をかけてみてください。

 

 


ピアノにはまっている場合は、
『6才 天才 ピアニスト』

pickup-3
 

みたいな感じで、いくらでも応用がききます。


10才までの子ども達であれば
純粋に、「すごーい!」 と真似したがります。



子ども達は、おなじくらいの子どもか
少し年上のお兄ちゃんおねえちゃんに
憧れます。




そして、同じ子どもが、すごい事をやってのけることで
自分もできるかも!?

と希望的観測を持つことが
できるのです。




イメージさせてあげることが
大事です。
極意その2は、明日に続く・・・・・