090-1356-3777
講座日程はこちらでご確認ください

サマーキャリアスクール

親子キャリアラボでは、毎年サマーキャリアスクールを開催しています。
2019年度のキャンプ内容は下のボタンからご覧いただけます。

キャリラボトリップ2019 in 京都

サマーキャリアスクール2019 in 湯来

才能発見チーム

STAFF

NAME

親子キャリアラボ 代表
奥 貴美子
OKU KIMIKO

PROFILE

「好きは才能、才能を仕事に」を理念とする。子ども時代からの自己理解、自己実現サポートを生業とする。パーソナリティ分析と才能分析において、独自のメソッドを開発し、進路選択・職業選択・職業創造をサポート。大人向け講座は、教育従事者、起業家も。
多く参加する人気講座。ブレない軸に本人が気付けるワーク・相手の心をわしづかみに出来るコミュニケーションメソッド実施、日本で唯一の自己理解スペシャリスト。

NAME

自己理解アドバイザー 通称/キーちゃん先生
鈴木 樹里
Kisato Suzuki

PROFILE

本屋、空間、シンプルなことが好き。「自分の人生は自分で切り開こう!」をモットーに子どもたちが自分らしさを活かせる選択を自分でしていけるようサポートを行っている。現在はこれまで得た知識や経験を子育てにも活かし行っている。


 

主催にあたりご挨拶

サマーキャリアスクールへの思い

子ども達には、大人の私たちが思う以上にできる事が沢山あります。また、それぞれにしかない特別な才能や、とっておきの資質を持ち合わせて生まれてきます。
それらを発見するために、また、自分でそのお宝に気づくためには様々な体験、経験が必要です。親から離れて出会うお友達、普段はできないであろう新しい体験そして、何より新しい自分と出会うために 「合宿型」 2泊3日の環境を、子ども達に!との思いで実施しています。この合宿、沢山の方々の協力なしでは実行できません。
(この場を借りて、本当にありがとうございます)
そんなサマキャリですが、今年で、はや6回目の実施となります。
今年の舞台は、山 そして 食がメイン!
新しい場所で、子ども達の才能を発掘することが今から楽しみでなりません。素直な子供時代には、その子らしさ、その子の強み、能力は丸裸なのです。ただし、体験、経験だけではございません。本人が納得できる形での自己理解メインの夏合宿となります。
至れり尽くせりの旅行とは二味、三味も違いますが、終了時には、自分という人間を知るというお宝を持って帰ることができます

・・・・実は、私自身の今の仕事に繋がる、ライフインパクトも小学4年生の時に参加した夏合宿にありました。その中で自分の特性であるアイデアを形にする能力を発揮でき満足した思い出が今もありありと残っています。・・・・

子どもは夏に成長する!


親子キャリアラボ 代表/一般社団法人 職業セレクト研究所 代表理事
奥 貴美子

子ども、学生はもとより、保護者にも多種多様な職業があり、価値観も様々であることへの気づきを促す。特に、やりたいことが分からない、自分に眠る個性や興味をどう職業につなげるかを支援する。


よくある質問集

Q&A

子どもを一人で参加させるのが少し不安なのですが・・・。

クッキー先生

初めての経験は、誰しも不安なものです、その辺りは、経験豊富なスタッフの力で緊張を解きほぐし、安心してご参加いただけるようにプログラムの中にも、沢山レクリエーションも盛り込んであります。自己理解のプロがきめ細かくフォローいたします。
お子様の成長と、自分を表現することが出来るようになって帰ってくる変貌ぶりに驚かれるかもしれません。健康上ご心配ごとがあるようでしたら、個別でメッセージをいただけると、こちらで出来ること、できないことを、お伝えさせていただけます。

親子での参加に興味があります

クッキー先生

ご興味をお持ちいただきありがとうございます。
サマーキャリアスクールは基本、小学校中学年以上を対象にした合宿となっております。特別に小さな子ども向けプログラムのご用意はございません。
ですが、中学年以上のプログラムに一緒に入ってもらう事は可能です。(子ども達は、例年、違和感なく、当たり前のように年上のお兄ちゃんお姉ちゃんに混ざって参加しています)
もちろん、プログラムによっては、理解が少し難しいものや、体力的にきついものも、あるかもしれません。お子様が参加しない選択をされた場合、スタッフ人数の関係上お母様と一緒にいてもらうこともあるかもしれません。その辺りをご理解ご了承いただいた上でのお申し込みをよろしくお願いいたします。
また、自然体験中のお子様の安全も一緒に見守るご協力もお願いさせてもらっています。
この親子参加プログラムは、普段では得る事のできない環境と、このような(本物体験、自己理解、異年齢体験、育つ環境の違う人たちと出会えること、自分は思っているよりもずっと出来る事が多い事を知る)チャンスを得る事に価値があるのかもしれません。

行き帰りは、現地集合で、車で合流でも大丈夫ですか?

クッキー先生

大丈夫です。例年ですが、せっかく、自然豊かな場所に滞在しているので、帰りは、それぞれ近場に立ち寄って帰ったり満喫して帰るということをされる方もいらっしゃいます。

お子様を参加させてみて、保護者様からのお声

  • とにかく、自信をつけて帰ってきました。自己主張も立派に出来るようになり、お友達にされて嫌なこともはっきり”イヤだ””やめてくれ!”と主張出来るようになりました。
  • サマキャリに参加させて、変わりました!変化がみられます!どんどんやったことのない事にチャレンジするようになりました。
  • 帰ってきて興奮冷めやらず、ずっと、楽しかった様子や、美味しかった様子を嬉しげに得意げに話てくれました。
  • 来年もこれだけは、行かせてくれ!約束だ!と約束させられました(笑)
  • 今まであったことのない、県外のお友達の面白さに、相当刺激されたみたいです。
  • 自分の良いところを、具体的に褒めてもらえて、表彰されたのが嬉しかったようで、ファイルに用紙を大事にとっています。
  • 夜、仲間と過ごせる時間がとても楽しかったようです。

ご参加のファミリーのお声

  • 年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんに混ざりなんの躊躇もなくプログラムに参加することができました。たくさん褒めてあげました。
  • まだまだできないと思っていたことを難なくこなしている姿に感動しました。
  • 各家庭、家族単位では、できない貴重な体験ができました。
  • できる!できた!の経験が自己肯定感、自分はできるんだ!の気持ちを育むことを、体感しました。圧倒的に自信をつけました。
  • 自分の好き、我が子の好きを知るきっかけになりました。
  • 何より、子ども自身から次回も参加したい!の声が合宿終了時にありました。
  • 合宿スタイルで様々な子どもを見る事で、うちの子だけじゃないんだ、これは子どもの当たり前なんだ!と気づき心配事や怒る事が減りました。
  • 数年後に我が子がどのように育つのか!?の成長予測がほんのりできました。
  • 我が子の頑張りに涙がこぼれました。

〜過去のサマーキャリアスクールの歴史〜

history of summer career school

サマキャリ2017:テーマ:五感を刺激せよ


神楽・花田植えと伝統が息づく千代田
子供達は、体で自然と本物を感じ千代田が大好きに

本物体験をさせていただいた千代田パックで大きくなったら働きたい!という子も
大人の本気は子供達の心に何かを注ぎ込みます。

広島北ホテルの裏側に潜入
廃墟ホテルからのミシュランに掲載までのヒストリーに子供達も興味津々・お食事も美味しく!いただきました。・広島北ホテル支配人 高山敦好 支配人
・(株)チヨダパック 代表 本田正博社長
からの人生プレゼンテーションを聞かせてもらい、笑いとちょっぴり涙も・・

サマキャリ2017:思い出ギャラリー


グループで自己理解を深めます。
自分は何を大事にする人?お隣の人の価値観は?自分とは違うものに触れることで、自分の個性が浮きぼりになる。

「君ならどうする?」プラスチック工場の現状打破案を子供達が考え出す。やはり、何を大事にしているかは、それぞれ。

最終日には、様々な体験をして発見した自分をプレゼンテーション。二泊三日の間ずっと、子供達を観察し続けていた講師陣から能力フィードバックカードを受け取る!

サマキャリ2016:テーマ:自己理解QUEST


自己理解クエスト
チームにわかれてのフィールドワーク
予期せぬ出来事勃発で見える仲間
知る自分
体力・知力・時の運
チームが勝利しなかった結果に泣き出す子もいました。

正解のない問いに
想像力をフル稼働させて
物語を作りました。
チームメイトの表情をみながらニヤニヤ
一つの事を取り組むのは本来楽しい事なんだね!
と気づかせてくれる

サマーキャリ2016:思い出ギャラリー


道中も自分達主導です。

テーマは自己理解QUEST
チームで周防大島を
協力しながら巡ります。
体力、知力、協力なしには
ゴールはない。

ご希望の相談を多く承り
未就学児の親子参加者
5組の参加枠をご用意
3日間の我が子の成長ぶりに親子で涙

サマキャリ2015:テーマ:未来の仕事をつくる力


2014年度より、参加者数もグン!と増えました。
大人気のジャム屋さんへ潜入
そしてインタビュー

海を楽しむ
自分を理解する
未来の仕事をプレゼンテーション

サマキャリ2015:思い出ギャラリー


大人気のジャム屋さんのオーナーから
お店をどうやって始めたのかのストーリーなどのお話をきく時間

広島に帰ってきたよ!
ホッと一息、遅くなったけど
ランチタイム。
荷物も時間もお金も自分の事は自分で管理。

おなじみのSUPで波を感じます。
SUPの上で、波の音を感じます。
海水の気持ち良さを感じます。

サマキャリ2014:テーマ:冒険から学ぶ

初めてのサマーキャリアスクール実施県を飛び越して年齢を飛び越しての出会いワークショップを通じ、心を通わせ、最終日には未来を描き発表しました。