お知らせ・ブログ

News & Blogお知らせ・ブログ

クッキー先生追っかけ記事:『インターナショナルスクールで自己理解セミナー』

お知らせ, クッキー先生ブログ - 2018.05.02

追っかけブログ担当ナオミです。

 

「東京のインターナショナルスクールでクッキー先生がセミナーをするらしい。」

という情報を聞きつけた私。
 

 

もう、すーぐに連絡しまして。


「付いて行ってもいいですか?写真撮ります!!」



アピールアピール。


 

優しいクッキー先生は、「いいよー」と言ってくれました。

 

 

 

インターナショナルスクールなんて入ったことない。

当然みんな英語よね?

クッキー先生も英語でセミナーよね。か、かっこいいラブラブ

 

 

未知の世界にワクワクしてその日が来るのを待ちました。

 

 

 

 

11月14日。クッキー先生との待ち合わせの駅に行くと、

今回の発起人J君が待っていました。

 

おー、大人っぽい。

この彼、ほんとすごいんです。

東京であった学生たちの集まり(TED)で

クッキー先生の自己紹介と13の視点の話を少し聞いて、

「もっとお話を聞いてみたい」と大学生の男子と共にお茶に誘った17歳であります。

 

カフェで話をして、

「これはとっても大事なことだ、学校のみんなにも聞かせたい!」

とインターナショナルスクールの校長先生に直談判。

 

 

なんという行動力!!

 

そういう熱い思いが大好きなクッキー先生は快諾し、広島からやってきたのです。

 

 

あとで生徒さんに聞いたら(日本人のね)、

校内でも有名人で、スポーツも勉強もなんでもできるんだって。

なんとファンクラブまであるんだって。

態度はとても謙虚でスマート。

高校2年生と話しているとは思えない錯覚に陥ります。


 

 




学校に到着!

 

こちらの学校、以前公立の学校だったところを使っているらしい。

 

 

 



 
Jくんと最終の打ち合わせをするクッキー先生。

 

 
 

そして、ダンディな校長先生も登場。

 

メルマガにも書かれていましたが、

校長先生は開口一番、クッキー先生に、

「さあて、君は今日ここに何をしに来たのかな?」と笑顔で言われたのです。

 

Jくんに事前に話は聞いているし何をしに来たかも知っているのに聞かれるのです。

これって日本人にはないかも・・・面白い。

そして、自己紹介から始まり日ごろの活動まで伝えるクッキー先生。

 




『そうくるか!?と驚きはしたけれど、

きっと外国ではいつも生徒たちに対してもこうなんだろうな・・・

だからこそプレゼン力が鍛えられて当然だと思ったのです』(メルマガより抜粋)


 


 

さて。

いよいよ「自己理解セミナー」の開始です。

 

 

 

教室に入ると40人の高校3年の生徒たちが待っていました。

あー、パワーを感じる。

 

さすがインターナショナルスクール。いろーんな子がいます。

ほんとに高校生?って聞きたくなる子もいます。

 

 

 

クッキー先生がマイクを持って話しはじめました。

 

おー!かっこいいぞ。

英語でセミナーをするってなんてかっこいいんだ。

 

 

 

手を挙げた子が自分のことについて話しているよう・・・だな。

趣味とか好きなことを話しているよう・・・だな。

 

・・・私は、こんな程度で・・・

わかる単語やなんとなーくの雰囲気で探りながら聞いていました(笑)
 

 



  

クッキー先生のいつもの書き出しワーク。

 

ペアでの聞き取りも、

グループワークもワイワイとちゃんとするんです。

みんな楽しそうにしてるなーって印象。

 

 

途中から入室してきた校長先生も

書き方のアドバイスをしてくれたりして。

 



  

まんべんなく声をかけながら

教室を歩き回るクッキー先生。 

 



 








どこのクラスでもやんちゃ君たちっていて、

「先生~、ここわかりませ~ん」

「僕のこのキーワードだったらどんな可能性がありますか?」

って、ニヤニヤしながら聞いてくるんです。

 

1人の男の子に、

君のこのキーワードと性格なら、こんなことできるよあんなこともと伝えたら、

 

「俺は?俺は?」

ってやんちゃグループがどんどん質問してきて、

 

みんな自分では見えていない可能性、魅力を知りたいんだよね。

 

これ世界共通だ!って思いました。(メルマガより抜粋)










本当に個性豊かで日本の学校よりも自由な感じの彼らが

楽しそうにワークをしたり友達と盛り上がって話してる姿を見て感動!










最後にクッキー先生が、

自分の学生のときのこと、葛藤や人生の転機、

そして一番伝えたいことを話したんだけど

それまでになくしーんと静かに耳を傾けている生徒たちが印象的でした。

ちょっと涙出そうになったもんね。







英語での「自己理解セミナー」を成功させてしまったクッキー先生。




また新しい扉が開いた。

自分で開いた。

その時に立ち会えて、とてもとても幸せでした。