お知らせ・ブログ

News & Blogお知らせ・ブログ

伝記クラブについて②

お知らせ, クッキー先生ブログ - 2017.04.10

好きは才能、才能を仕事に!
子ども職業ナビゲーター
クッキー先生こと、奥 貴美子です。


昨日に続いて、
伝記クラブについてご紹介します。



***********************



【伝記クラブいろいろQ&A】



Q 今までどんな人たちを取り上げてきたのですか?


A 今まで、22名の方々を取り上げてます。

・基準は、季節のイベントに合わせたり、子どもたちに馴染みの深い人物を取り上げております。
子ども達も、知ってる❢知ってる❢という感覚があるほうが、興味深々になれるので、
子ども達の興味に合わせても、取り上げる人物を決定しています。



・チキンラーメンを作った人
・カルピスを作った人
・デパートでもみつけることができる、ココ・シャネルや御木本幸吉(御木本パール)
・お札に印刷されている福沢諭吉
・ iphone=スティーブ・ジョブズ
・車好きの子に届くようにフェラーリの話
・妖怪にはまっている君に向けて、水木しげるさん。
・オシャレ好きな6歳の女の子向けに、ココ・シャネル



などなど、
一般的な「伝記の人物」だけでなく、さまざまなジャンルの方を取り上げております。




Q 現在は何名で開催していますか?
A 現在は1クラス (小学生6名・幼児5名)で行っております。(5月、新講座開講予定)



Q 時間はどれくらいですか?
A 現在は30分ですが、要望により時間を伸ばすことは可能です。



Q 年齢分けはありますか?
A 伝記クラブに関しては年齢分けはしておりません。
幼児から小学生まで楽しめる内容となっております。
言葉を変えると中学生でも興味を持って聞いてくれます。


Q どのくらいの人数まで参加できますか?
A 現在の場所では新しい方をお迎えすることはできませんが、
出張などで広い場所やマイク等の設備があれば最大20~30人くらいは大丈夫です。






[伝記クラブに通っているお子さんの保護者の方のご感想]



男の子のお母さま(5歳)
(最初の1、2回は「参加したくない」「発言するのが恥ずかしい」と言っていたので
無理して通わせてもいいのかな?と思われていたそうですが・・・)


・クッキー先生から「みんなが最初からできた訳じゃないよー」という話をしてもらったり、
自分の好きなことを相手に分かってもらえる嬉しさで、クッキー先生の伝記クラブに通うのが好きになってきました。


・世の中にどんな仕事があって、成功した人はどんな人で、どうやって成功させたのか、知り、
自分の才能と才能をどうやって開花すればいいかをいつも質問してくれるところが好きです。 


・伝記クラブで学んだ後の反応
①マイケルジャクソンの話のあと、
通ってるダンス教室でお兄さんたちがマイケルジャクソンのダンスを練習しているのをじっと見ていた。

②森永の話のあと、お菓子売り場でこのお菓子はなんていう会社?と質問した。
③ミキモトの話のあと、家にある真珠を見せたら、いくらするの?と質問した。
④ピーターラビットの話のあと、家にピーターラビット柄のコップと皿があると私に教えてくれた。
⑤普段の生活でも初めての体験でも友達なしでいけることが増えてきた。
(飛行船を見に行く・子ども向けの劇を観にいく・アラブ、イスラム文化体験など)


チェック お母さまによると、伝記クラブの数カ月後、男の子より「水木さんはね・・・」との発言があり、
何のことがよく分からなかったお母さまがよくよく尋ねると、伝記クラブで何か月か前に取り上げられた
「水木しげるさん」のことだったそうです

時間が経ってもお子さんが学んだことをしっかり覚えていることに大変驚かれたそうです。




娘さんが参加されているお母さま
・毎回何かしら褒めてもらえるのが励みになるのか、回を重ねるごとに通うのが楽しみになっております。

・回を重ねるごとに「世の中の物事の陰には人が必ずいる」ことが分かってきて、
「今日は誰だろう?」という楽しみに変わっているようです。

⇒ミキモトの後にはパールを見ると「クッキー先生のよね?」と反応がありました。

・伝記クラブの中で質問を投げかけることは「取り上げられる人」「周りの人」はこうだけど、
「自分はどうだろう?」と知らず知らずに考え、自分が発表したことを受け入れてもらえることで
「自分の考える力」が育つ気がします。


・子どもを通わせることにより、親の意識も変わります。
⇒「まだ早いかな」と思っていたことを興味深く聞く娘の姿を見て、自分も日々の生活にいかすようになった。 
(アンネフランク展に行って伝記漫画を購入する・折に触れ取り上げられた人や職業に関して説明したりするようになりました)


・(幼児さんなので)上の年齢のお子さんと一緒に勉強し、褒められることにより一層自信がついたようです。

・一番楽になれたことは「今すぐの答えを求めなくなった」ことです。

・社会の仕組みを知ることは大切であり、常に疑問を持ち、視野を広げて楽しく生きていってほしいと思ってます。
そのために伝記を知り、自分を磨くことは本当に有効だと思うのでよいクラブだと思ってます。